日本製Raspberry Pi 3リリース

アールエスコンポーネンツ株式会社より、Raspberry Pi 3 Model Bの国内生産モデルを販売開始することが11月10日に発表されました。

「Raspberry Pi」の国内生産モデルを販売開始 | 半導体・電子部品の通販 RSオンライン

産業機器などへの組込みなどのニーズが増すなか、日本国内の厳しい製造管理要求に対応するため、日本国内にある実績豊富な製造業社で製造管理を行うことで、各種管理要求に柔軟に対応できるようになり、ユーザ製品への組込み販売を容易に行えるとしています。

日本製Raspberry Pi 3は、これまでのRaspberry Pi 3と同様に(技適マーク)が付いています。

RSオンラインでは150個セットでの販売が開始されています。

http://jp.rs-online.com/web/p/products/1239470/

なお、個人向けの1個単位での販売はKSYで予定されているようです開始されました

https://raspberry-pi.ksyic.com/news/page/nwp.id/42

また、今回のリリースに合わせて、5.1V/2.5A出力に対応した新たな電源ケーブルも発売されています。こちらはRSオンラインにて、1個から購入可能です。

http://jp.rs-online.com/web/p/plug-in-power-supply/1215944/


Ebenが再びやってくる!Big Raspberry JAM TOKYO 2016 12月開催決定!

前回から3年ぶりとなるBig Raspberry JAM TOKYO 2016を12月上旬に開催することが決定いたしました!
Eben Upton氏が来日し、Raspberry Piについてスピーチします。

詳細が決まり次第、本サイトにて随時告知してまいりますので、どうぞお楽しみに!

(追記)イベントページ公開しました!参加申込みはこちらからどうぞ。
https://raspberrypi.connpass.com/event/44902/

(前回のBig Raspberry JAM TOKYO 2013のページはこちら)


NEC Display Solutions EuropeがRaspberry Piとのコラボレーションを発表

NEC Display Solutions Europeが、Raspberry Piとのコラボレーションを発表しました。2017年1月から出荷される新モデルの大型ディスプレイにRaspberry Pi 3 Compute Moduleを組み込めるようにすることで、デジタルサイネージやプレゼンテーションなどのIoTデバイスを簡単に実現することができると紹介しています。また、Raspberry Pi 3 Compute Module以外にも、一部の業界の性能要求に応じてカスタマイズされたモジュールがNECから提供されるとしています。

https://www.nec-display-solutions.com/p/hq/en/news/dp/Products/Shared/News/2016/PressReleases/Company/RaspberryPi/RaspberryPi.xhtml

動画で発表の様子とEben Upton氏のコメントが見られます。

また、さりげなくRaspberry Pi 3 Compute Moduleが(おそらく初めて)登場となりました。スペックに関しては「quad-core 1.2GHz processor」以外特に述べられていませんが、Raspberry Pi 1をベースに作られた初代Compute Module以来の新しいCompute Moduleが登場しそうです。

https://www.raspberrypi.org/forums/viewtopic.php?f=63&t=162453&p=1050849


販売1000万台記念! Raspberry Jam #007 in OSC

イベント概要

Raspberry Jamは、Raspberry Piに関する発表や情報交換をする世界的なコミュニティイベントです。
OSC2016 Tokyo/Springにつづいて、OSC会場にて開催します!
今回もその場で登録をして5~15分ほどの発表するアンカンファレンス形式で開催します。
発表したいネタや制作物をお持ちの方は、直接会場までお越しください。
目玉の発表は、太田さんがRaspberry Pi 1000万台販売記念パーティに参加したイギリス訪問記!
おみやげ話やおみやげ(物理)もあるかも……?乞うご期待!

対象者・前提知識

  • Raspberry Piに興味がある方
  • Raspberry Piで工作などを作成して発表・紹介したい方

開催情報

開催日時: 11月6日(日) 13:00〜16:00
開催場所: オープンソースカンファレンス(OSC)2016 Tokyo/Fall内
開催教室: 304教室 (28号館 3F)
受付: 申込不要(発表者は当日その場で登録、聞くだけの方は出入り自由です)
費用: 無料

オープンソースカンファレンス(OSC)2016 Tokyo/Fall日程

日程:2016年11月5日(土) 10:00~18:00(展示:11:00~17:30)
11月6日(日) 10:00~17:30(展示:10:00~16:00)
会場:明星大学 日野キャンパス 28号館 2F(OSC受付)
(多摩モノレール 「中央大学・明星大学駅」直結。会場まで徒歩6分)
(ご来場の際は公共交通機関をご利用下さい)
費用:無料
内容:オープンソースに関する最新情報の提供
・展示 – オープンソースコミュニティ、企業・団体による展示
・セミナー – オープンソースの最新情報を提供
主催:オープンソースカンファレンス実行委員会

詳細はオープンソースカンファレンス(OSC)2016 Tokyo/Fall公式ページをご覧ください。


Raspberry Pi販売台数が1000万台を突破!

本日、Raspberry Pi販売台数が1000万台を突破したことがRaspberry Pi財団より発表されました!

https://www.raspberrypi.org/blog/ten-millionth-raspberry-pi-new-kit/

1000万台突破を記念して、公式のRaspberry Pi Starter Kitが発表されています。

また、PimoroniではRaspberry Piの歴史をまとめたスペシャルページが公開されるとともに、記念セールが開催中です。

http://pimoroni.com/history

https://shop.pimoroni.com/collections/special-offers

日本国内ではRSコンポーネンツがRaspberry Pi 3とRaspberry Pi公式のロゴマーク入りACアダプターのセット販売を開始されています。Raspberry Pi公式ACアダプターはPSEマークが取得されています。

http://jp.rs-online.com/web/generalDisplay.html?id=footer1/release/160908_raspberrypi3modelb_bundle


Raspberry Pi 3とPi DriveでUSB HDDブートをしてみよう

Raspberry Pi 3向けに、SDカード以外のブート方法を提供するための機能が追加されています。現在はベータ版の扱いなので、不具合があるかもしれませんが、試す手順なども掲載されています。

現在はUSBブート、PXEブートの2種類が紹介されています。

https://www.raspberrypi.org/blog/pi-3-booting-part-i-usb-mass-storage-boot/

https://www.raspberrypi.org/blog/pi-3-booting-part-ii-ethernet-all-the-awesome/

PXEブートに関しては私の個人ブログでも紹介していますので、興味がありましたらこちらも見てみてください。

さて、本記事ではPi Driveを使用してUSBブートをしてみたいと思います。

Pi Drive

Pi Driveとは?

Pi Driveは、Western DigialがRaspberry Pi向けにリリースした2.5インチハードディスクです。容量はPi==πにかけて314GBになっています(フォーマットすると……314GBではなくなります)。特徴的なのはインターフェイスで、SATAではなくUSBポートが搭載されています。なので、USBケーブル1本でRaspberry Piと接続できるわけです。

http://store.wdc.com/promo/97047600

正規の購入経路としてはWestern Digitalの通販サイトがあるものの、日本への輸入には対応していないようです。しかし、おおたさんがなぜか入手されたのをお借りしたので、ぺろぺろなめまわしています(なめまわしていません)。

その他謎の入手経路としては、dx.com(中国のガジェット系通販サイト)がありました。ぶっちゃけ容量単価的にはおいしくないですけども。

http://www.dx.com/p/2-5-314gb-usb-hard-drive-for-raspberry-pi-3b-2b-b-silver-black-437594

パッケージはこのような感じです。

IMG_4921

側面には円周率も……!

IMG_4922

Pi Driveはberrybootを使用したHDDブートモードが用意されています。ただ、berrybootがMicroSDカードから起動するようなので完全にSDカードレスにできるわけではないようです。また、Raspberry Pi3リリース前にリリースされたパッケージでしたので、そもそもRaspberry Pi 3には対応していないようでした。

IMG_4923

USBブートをしてみよう

USBブートをするためには以下の手順が必要になります。

Raspberry Pi側の準備

  • MicroSDカードでブートする
  • rpi-updateで最新のファームウェアにアップデート
  • USBブートを有効にする設定を記述して再起動
  • USBブートが有効になったことを確認してシャットダウン

HDDの用意

  • パーティションを切る
  • 切ったパーティションをそれぞれフォーマット
  • Raspberry PiのOSイメージからファイルコピー
  • SDカードからbootcode.binとstart.elfをコピー

作業は以下のページを参考に進めました。

https://www.raspberrypi.org/documentation/hardware/raspberrypi/bootmodes/msd.md

Raspberry Pi側の準備

USBブートを有効にするには、最新のファームウェアにアップデートした環境で特定のオプションを有効にした状態でブートする必要があります。この作業は1度実行すれば、以降は不要のようです。

MicroSDカードに最新のRaspbianを用意して起動した後、以下のコマンドを実行します。

sudo BRANCH=next rpi-update

/boot/config.txtをエディターで開き、以下の一文を追記します。

program_usb_boot_mode=1

Raspbianを再起動したら以下のコマンドを実行して、出力が「17:3020000a」であることを確認します。

$ vcgencmd otp_dump | grep 17:
17:3020000a

HDDの用意

Raspberry PiにPi Driveを接続します。まずはpartedコマンドでパーティションを作成します。

$ sudo parted /dev/sda

(parted) mktable msdos
Warning: The existing disk label on /dev/sda will be destroyed and all data on this disk will be lost. Do you want to continue?
Yes/No? Yes
(parted) mkpart primary fat32 0% 100M
(parted) mkpart primary ext4 100M 100%
(parted) print
Model: WD My Passport 07BA (scsi)
Disk /dev/sda: 314GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: msdos
Disk Flags:

Number Start End Size Type File system Flags
1 1049kB 99.6MB 98.6MB primary fat32 lba
2 99.6MB 314GB 314GB primary ext4 lba
(parted) quit

パーティションをそれぞれmkfsコマンドでフォーマットします。

sudo mkfs.vfat -n BOOT -F 32 /dev/sda1
sudo mkfs.ext4 /dev/sda2

フォーマットしたパーティションをそれぞれ以下のようにマウントします。

sudo mount /dev/sda2 /mnt
sudo mkdir /mnt/boot
sudo mount /dev/sda1 /mnt/boot/

SDカードの中のRaspbianを、rsyncコマンドでHDDにコピーします。rsyncコマンドは別途インストールする必要があります。

sudo apt-get install rsync
sudo rsync -ax / /boot /mnt

コピーしたあとは、HDD内のいくつかのファイルでブート用のパラメータをHDD用に書き換えます。SDカードのデバイス名はmmcblk0ですが、HDDの場合はデバイス名がsdaになるためです。参考ページのようにコマンドで実行すると、一括で置き換えてくれます。

$ sudo sed -i "s,root=/dev/mmcblk0p2,root=/dev/sda2," /mnt/boot/cmdline.txt
$ sudo sed -i "s,/dev/mmcblk0p,/dev/sda," /mnt/etc/fstab

最後にSSHホスト鍵を再生成します。こちらも基本的には参考ページの通り実行します。

cd /mnt
sudo mount --bind /dev dev
sudo mount --bind /sys sys
sudo mount --bind /proc proc
sudo chroot /mnt
rm /etc/ssh/ssh_host*
dpkg-reconfigure openssh-server
exit
sudo umount dev
sudo umount sys
sudo umount proc

最後にRaspberry Piをシャットダウンします。

$ sudo poweroff

HDDブート!

Raspberry Piの電源ケーブルを抜いたら、MicroSDカードを抜き取り、HDDは接続したまま電源を再投入します。少しするとHDDがスピンアップして、(一度スピンダウンしながら)Raspberry Piが起動します。

HDDから起動していることを確認するには以下のようなコマンドを実行してみると良いでしょう。


pi@raspberrypi:~ $ cat /proc/partitions
major minor #blocks name

(中略)
8 0 306677760 sda
8 1 96256 sda1
8 2 306580480 sda2
pi@raspberrypi:~ $ df -h
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
/dev/root 288G 1.2G 272G 1% /
devtmpfs 459M 0 459M 0% /dev
tmpfs 463M 0 463M 0% /dev/shm
tmpfs 463M 6.2M 457M 2% /run
tmpfs 5.0M 4.0K 5.0M 1% /run/lock
tmpfs 463M 0 463M 0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda1 93M 20M 73M 22% /boot
pi@raspberrypi:~ $ mount | grep sda
/dev/sda2 on / type ext4 (rw,noatime,data=ordered)
/dev/sda1 on /boot type vfat (rw,relatime,fmask=0022,dmask=0022,codepage=437,iocharset=ascii,shortname=mixed,errors=remount-ro)

まとめ

Pi Driveを使用して、Raspberry Pi 3でUSB-HDDブートする方法を紹介しました。MicroSDカードが不要になるので、書き換え寿命を気にする必要がなくなるのは便利かもしれません。

あと、Pi Driveについて、一つ気なるところをあげるとすると、アクセスランプの白色LEDがまぶしすぎる点でしょうか……。目に跡が残るくらい明るいんですよね……w


Raspberry Pi ZeroをUSBケーブル1本で遊ぶ

5月リリースのRaspbianから、Raspberry Pi ZeroをOTGスレーブモードで動作させられるようになっていたようです。2つほど設定を記述して、Raspberry Pi ZeroをPCと接続すると、USB-Ethernetデバイスとして接続されて、SSHやVNCで接続できるようになります。Raspberry Pi公式ブログで紹介されていたので早速試してみました。

Raspberry Pi Zero

写真が暗くなってしまった……。

(参照元)
Programming your Pi Zero over USB – Raspberry Pi
Raspberry Pi Zero – Programming over USB! (Part 2) | Andrew’s blog

設定のしかた

Raspbianのディスクイメージをダウンロードして、イメージをSDカードに書き込みます。

書き込んだ後に認識されたbootパーティション(ドライブ)を開いて、以下のファイルを書き換えます。

config.txt
dtoverlay=dwc2の1行を追記します。
cmdline.txt
modules-load=dwc2,g_etherの1文をrootwaitのあとに追記します。改行せずスペース区切りで続けて記述するように注意します。
参照元ブログの方が記述例を提供してくれています。

書き換えが済んだら、SDカードをアンマウントして、Raspberry Pi Zeroに挿入します。

PC側の準備

PCとRaspberry Pi Zeroを接続するときはBonjourが必要になります。PCのOSによって必要なソフトウェアが異なります。

Windowsの場合はBonjourが必要になります。iTunesをインストールすれば自動的にBonjourもインストールされます。Linuxの場合はavahi-daemonが必要になります。Macの場合は特に何も用意しなくても良いです。

PCと接続

PCとRaspberry Pi ZeroのUSBポートにUSBケーブルを接続します。しばらく待つとraspberrypi.localのアドレスで接続できるようになります。


$ ssh pi@raspberrypi.local
Warning: Permanently added 'raspberrypi.local,169.254.75.218' (RSA) to the list of known hosts.
pi@raspberrypi.local's password:

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
Last login: Fri May 27 11:50:26 2016
pi@raspberrypi:~ $

Raspberry Pi ZeroにVNCサーバーをインストールすればデスクトップ画面も開くことができますね。

Raspberry Pi Zeroからインターネットに出る

Raspberry Pi ZeroとPCはネットワークで接続されましたが、ローカル接続なのでRaspberry Pi Zeroはインターネット接続ができません。インターネット接続するにはPC側でインターネット共有を設定すると良いでしょう。Macの場合はシステム環境設定から共有設定ができます。Raspberry Pi ZeroはRNDIS/Ethernet Gadgetとして認識されているので、これを「相手のコンピュータが使用するポート」に指定します。

インターネット共有の例

うまくつながらないとき

うまく接続されない時は、設定が正しいこと、USBケーブルがUSBホストケーブルであることを確認してみてください。とくにUSBケーブルは、充電専用ケーブルは通常のデータ通信ケーブルでは動作しないので注意が必要です。

(追記)USB Aオス-MicroUSB AオスケーブルでUSBホストケーブルになっているものは意外と少ないみたいです。手元のケーブルでは2〜3種類しか対応していませんでした。一般的なUSB Aメス-MicroUSB AオスアダプターとUSB Aオスオスケーブルを組み合わせてみても良いかもしれません。

(USBケーブルの違い参考) USBホストケーブル(OTGケーブル)について | ゆゆぶろぐ

また、Windowsでは動作しないと言う報告が上がっているようです。私もWindows10で試したところ、シリアルデバイスとして認識されてしまい、うまくネットワーク接続できないようでした。

対応機種はZeroだけ

OTGモードはなかなか便利な機能ですが、対応機種はRaspberry Pi Zeroだけとなります。Model BはUSBハブ(LAN951x)を経由しているため、Model AはIDピンがないため、それぞれ使用できないとのことです。

Raspberry Pi Zeroは買えます

カメラポート付きZeroのリリース以降、売り切れても毎週水曜日に在庫が復活する状況が続いています。需要も以前よりだいぶ落ち着いてきているようで、入荷のタイミングを見図らなくてもだいたい購入することができます。入荷後ごとの購入1台制限は変わりありませんが、最近はポンド安なので送料を含めてもお手頃な価格となっています。

Raspberry Pi Zero – Max 1 Pi Zero Per Customer!


Raspberry Pi Zero v.1.3 リリース!

昨日、Raspberry Pi Zeroの在庫が久しぶりに復活しました。そして、今回からCamera Module用のCSIポートが追加されました。

2016-05-15-16.32.19-500x375

Zero grows a camera connector

Camera Module用CSIポートは、Zeroに搭載するために以前とは異なる小型のポートが採用されました。よって、利用するには別途ピッチ変換ケーブルが必要になります。ケーブルは各ショップで販売されているので、Zeroと合わせて購入すると良いでしょう。なお、対応するCamera Moduleについては、先日発売されたv.2.1だけではなく以前のモジュールも利用できます。

お値段は変わらず5ドルで提供され、今回は3万台が用意されているとのこと。ただし、お1人様1台限りの制限も以前と変わらないため注意が必要です。

日本から購入の際は、Pimoroni、Adafruitが利用可能です。すでに本体のみの販売などで売り切れも発生しているようですが、今後は需要が落ち着くまでの間毎日1000台の規模で生産が続くとのことなので落ち着いて在庫の回復を待ってみるのも良さそうです。

https://shop.pimoroni.com/collections/pi-zero
https://www.adafruit.com/products/2885